ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2013.07.28 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.04 Thursday

玩具せんそー 第3話「NBE2」

 
ー2年前。とある郊外の通路。



G3「こちらG3。NBE2を発見。指示を願う。」




NBE2「・・・・」

本部『町にまでは絶対に入れるな。研究所付近で食い止めろ。できれば捕獲が望ましいが、市民の安全を考慮し、やむを得ずの破壊は認める。』




本部『ビリー・システムも損傷させる相手だ。気を引き締めて行け。以上だ。』

G3(ビリー・システムも歯が立たない相手か・・・相当だな。)




NBE2「・・・・」

ガシッ、ガシッ・・・




G3「了解。デストロイヤーで応戦する。」

ガシャッ




NBE2「・・・」




ザッ・・・





G3(来るのかっ・・・!)




NBE2「フッ・・・!!!」




G3「うおおおお!!!!!」




ガシィッン!!!!




バッ!!!

G3「な、何?!」




スッ!!!

G3(まずい!!!!)



G3「うわああああっ!!!」




ガシッ!!!




G3「えっ・・?」




NBE2「?」




アギト「・・・・」




グッ・・・!!




スッ・・・!

NBE2「?!」



ドゴォン!!!!

NBE2「グッ・・・」



G3「・・・・」



G3「あの・・・あなたは・・・」




スッ・・・




アギト「・・・・」



つづく(?)
2013.03.13 Wednesday

玩具せんそー 第二話

 ここは堕落学生の部屋、とある研究機関。




ピッ、ピッ

クレイジーボルト「おい、スカイワープ!まだなのかよ!!」



スカイワープ「まぁ、待てって!もうちょっとでパスコードを解読できるから。」

クレイジーボルト「さっさとしろよな!誰かきちまうぞ!」



ポーン

スカイワープ「お、開いたぜ!!」

ガシャン!



スカイワープ「へっへ、こいつだ。ようやく手に入ったぜ。」





スッ・・・




スチャッ




ガシャッ

《アドベント》





キーン・・・キーン・・・

デモリッシャー「なんだ?この甲高い音は・・・?」





ドラグレッダー『ギャァァァァァァァアアッ!!!!!』

デモリッシャー「う、うわ!!なんだコイツ!!!?」

スカイワープ「ひ、ひるむんじゃねぇ!!」

クレイジーボルト「お、おたすけぇ!!」





ベシッ!!

デモリッシャー「おぐっ・・・!!!!」



ガブッ!!

クレイジーボルト「い、いやだぁぁぁ!!!誰か助けてぇ!!」




クレイジーボルト「ぐはぁっ・・・。」

スカイワープ「な、なんなんだ畜生!!」



ドラグレッダー『グァァァァァアアアッ!!!!』

スカイワープ「ひっ・・・!」



スタッ

シンジ「あれは・・!」



スッ・・・



ガシャッ

《ストライクベント》



スッ・・・



スチャッ!!

シンジ「はっ!!」




シンジ「はぁぁぁぁっ!!!」






ドラグレッダー『ギャオオオオオオオッ!!!!』




ドラグレッダー『グルルルルルル・・・』

シンジ「はぁぁぁぁっ!!」



シンジ「はっ!!」




スカイワープ「(まずい!!あんなの喰らったら・・・。まてよ、今の俺に戦う必要は無い。ブツはもう手に入った。ということは・・・。)」




ギゴガガゴ!

スカイワープ「逃げるが勝ちだ!トランスフォーム!!」




ボォォォォォォォ!!!!!



シンジ「やったか・・・?」



シンジ「くそっ・・・逃げられたか・・・」




スタッ、スタッ



シンジ「やはり、アイツが持っていった物は・・・。」



シンジ「まずい・・・デッキが奪われた。」



シンジ「もっと戦力を集めなきゃ・・・」



シンジ「キタオカ、聞こえるか?こちらキド・シンジ。オルタナティブシステムを機械人に奪われた・・・。」




シンジ「もっとライダーの力が必要なんだ!!本部に連絡してくれ!」

???『・・・』



つづく(?)
2013.01.25 Friday

玩具せんそー 第一話


※キャラ崩壊が激しいです。ご了承ください。あと、絶望的なクオリティです。ご了承ください。




ーここは、とある堕落学生の部屋。一見、平和に見えるこの部屋だが、恐ろしき魔の手がその均衡を破壊しつつあった・・・。




ヘイルストーム「オラオラ、どけどけ!!」

虫男「ここはデストロン軍の支配下となるだぁ!!」

テラシェーバー「邪魔なヤツは、全て排除してやるぞ〜!」




通行人赤「うわぁあああ!!助けて〜!!」

通行人黄「こ、殺されるぅー!!」

ヘイル君「はっはっは!!にげろにげろ!!」




ヘイル君「オラオラどうしたぁ!?ミサイル当てんぞ!!」

通行人赤「うわぁ!!一般人にミサイル攻撃だ〜!!鬼畜だぁ〜!!!」





虫男「へへへ!!喰ってやろうか!!!」

通行人黄「うわああ!!恐怖ハエ男だあ!!!お、お助けぇ!!」





???「ああ・・。また派手にやってるなぁ・・・。」




???「仕方ない・・・。ちょっと行ってくるか・・・。」




通行人青「はぁっ、はぁっ!!に、逃げなきゃ・・!!」




コテッ!

通行人青「うぁっ!!し、しまった!!」




ズダァン!!

テラシェーバー「おっと、待てよ子猫ちゃん!!」




通行人青「あっ・・・あっ・・・!」




ジャキッ!!




テラ「さぁ、どう料理してやろうか・・・!!」

通行人青「う、うわぁあああああ!!!」




???「待ちな!!」




テラ「ああ?誰だあんた?!」




???「俺かい?」





???「俺は・・・」




???「ただの魔法使い・・・」





???「ウィザードだ。」




テラ「(魔法・・・使い・・??)」





テラ「誰だかしらねぇが、俺の邪魔するヤツは容赦しねぇぞぉぉぉ!!」





ウィザード「俺も同じさ。」

ルパッチマジックタッチゴー!!




コネクト、プリーズ!




ウィザード「よっ!」




シャキン!!

ウィザード「はっ!!」



ウィザード「はぁぁぁぁっ!!!」




テラ「くたばれぇぇ!!」

ウィザード「はぁぁぁぁっ!!」





ガギィイン!!!




ウィザード「とりゃあっ!!!」

テラ「うぉぉっ!!!」




テラ「っく、クソぉ!!」



テラ「フォースチップ、イグニッション!!!」



ジャキン!!



ジャキン!!



バシュン!!

テラ「これでも、喰らえ!!!」





ウィザード「おっと!」




ジャキ!!




ガシャン!!




ウィザード「ふん!!」




ウィザード「とりゃっ!!」



バシューン!!




ドカーン!!!




テラ「何!?相殺したのか!!くっ!!」




ウィザード「はぁあああっ!!!」



ウィザード「はっ!!」

テラ「な、なんだ!?」




スッ!




ウィザード「ふん!!!」

ドゴォオオン!!

テラ「うがぁっ!!!」




テラ「ぐぐぐっ・・・。」

ウィザード「どうした、かかってこい。」





テラ「なんだと!!」





テラ「その減らず口を、叩き潰してやる!!!」





ウィザード「そうこなくっちゃな。」





ウィザード「はぁぁぁああっ!!!」




テラ「うぉおおおおっ!!!!」




ウィザード「はっ!!」




ウィザード「ふん!!!」

テラ「ぐはぁっ!!!」




ウィザード「そりゃっ!!!」

テラ「ぐわああああっ!!!」




テラ「くっ・・・。」

ウィザード「おいおい、最後なんだから立ち上がってくれよ。」




テラ「な、何!?最後だと!!」



ウィザード「ああ、最後だ。いいから立ってくれ。」




テラ「この、舐めやがって・・・!!」




ウィザード「さぁ、フィナーレだ。」



ルパッチマジックタッチゴー!!





チョーイイネ!!キックストライク!!サイコー!!!

ウィザード「はぁぁぁぁぁぁっ!!!!!」




テラ「な、なんだ!!?」




ウィザード「とぅ!!!」




ウィザード「はぁぁぁぁ!!!!!」





ウィザード「とりゃぁぁぁぁ!!!!」





テラ「う、うわぁぁぁぁぁ!!!」



ウィザード「はぁぁぁぁっ!!!!」



テラ「う・・・」





ドガァァァァァアン!!!!

テラ「うわぁああああああああああ!!!!!!!」




ウィザード「ふい〜。」




ウィザード「ビリー、そっちはどうだ?」




兄貴「ナイスでーす♂」

人「バンザーイ!!!歪みねぇな♂!!!」




ウィザード「ま、まぁ大丈夫そうだな。」




兄貴「YEAAAAAAAAAAAR!!!!!!!」

人「YEAAAAAAAR!!!!!!!」

ウィザード「ほどほどにしとけよ・・・」



ー堕落学生の部屋、デストロン臨時基地。



レーザーウェーブ「デストロン軍B部隊が、魔法使いによって殲滅されたという情報が入りました。」




メガトロン「ほう、そうか。報告ご苦労だったレーザーウェーブ。」




メガトロン「おのれ魔法使いめ・・・。」





メガトロン「この礼は、きっちりと返してやるからな・・・。」


つづく(?)




ごめんなさい。何となくやりたかったんです。
2011.01.15 Saturday

第4話『無駄骨』


政宗「とうとう一人になってしまったロディマス!一体どうなるのか!」




ロディマス「ハイブロウ!!!」

スィンドル「おっと、動かないでくださいねぇ」



スッ・・・

ロディマス「ん?なんだこの気配は?」



ロディマス「ぐはっ!!」



バタン!!!



ダン!!



ソニックウェーブ「・・・・・実に不甲斐無い。」




ショックウェーブ「ショックウェーブ軍団!集結せよ!」



ブラックアウト「一体どうしたんだショックウェーブ?」


ショックウェーブ「もうこいつらを攻撃する必要は無くなった。」




ダン!!



ショックウェーブ「調べた所、こいつらはメガトロンに関する情報は何一つ持っていなかった!クソっ!クソっ!クソっ!」

ダン!ダン!ダン!



バズソー「もうよせ、ショックウェーブ。こいつはもう死んでる。」

ショックウェーブ「はぁはぁ・・・」



ショックウェーブ「手がかりだ・・・メガトロンの手がかりを探すんだっ!!」




ショックウェーブ「ショックウェーブ軍団よ!次の支部を攻めに向かうぞ!」



スタッスタッ・・・




ピクッ・・・ピクッ・・・



ロディマス「・・・・こ・・・このことを・・・コ・・コンボイ司令官に・・・知らせなくてはっ・・・」


政宗「次回、お楽しみに!」
2011.01.15 Saturday

第3話『儲かりますよねぇ』


政宗「前回、ショックウェーブ達に攻撃されたサイバトロンはどうなってしまったのか!?」





ジャキッ!




キッド「ブラーから離れろ!!」



ササッ!!



バーン!!!



キッド「ぐはっ・・・・!!」

バズソー「雑魚がでしゃばってんじゃねーよ。バカが。」



ロディマス「くそっ!応援はまだかっ!」

ハイブロウ「それよりキッド達を助けないと・・・」



ハイブロウ「ぐっ・・・!!?」



ブラックアウト「相変わらず旧式のポンコツは反応速度が遅いな。」

ハイブロウ「くっ!!」



ハイブロウ「おりゃあ!!」

ガガガガ!!

ブラックアウト「・・・!!」



ハイブロウ「どうだ!!」

ブラックアウト「調子に乗りやがって!!」



ジャキッ!!

ハイブロウ「!?」

バーン!!



バタッ!!



スィンドル「全く、この程度でまけてもらっては困りますねぇ〜」

ブラックアウト「・・・チッ!うるせぇ!」



スッ・・・



スィンドル「いや〜しかし戦争という物は儲かりますよねぇ〜。」


政宗「次回、お楽しみに!」
Powered by
30days Album
PR