ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 玩具せんそー第5話「メモリー・オブ・ナイト」前編 | main | 玩具せんそー第7話「メモリー・オブ・ナイト」後編 >>
2013.07.28 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.05.18 Saturday

玩具せんそー第6話「メモリー・オブ・ナイト」中編

 アシハラ分隊長率いる一個隊が、デストロン傭兵団に遭遇する20分程前。


ーライダー同盟本部。第四ゲートエリア。



レン「はぁっ!はぁっ!はぁっ!」




タッタッタッ・・・・




シンジ「おい、ちょっと、待てよレン!」




シンジ「待てって!!」

レン「黙れ!付いてくるな!!」




シンジ「そっちのゲートは今閉鎖してるんだぞ!!」




レン「(やっと見つけた!!!!ヤツが来た!!!!俺の目の前に!!!!!)」




シンジ「レン・・・どうしたんだよ急に・・・」




レン「(ここか!!!!!)」




G3「アキヤマ兵長・・・?何か御用ですか?」




レン「貴様、ここのゲートを今すぐ開けろ!!!!!」

G3「ど、どうしたのですかいきなり!!?」




レン「俺は行かなきゃならない!!!!今すぐに!!!」




G3「し、しかし将軍の許可無しに閉鎖ゲートを開けるわけには・・・。」




チャキッ・・・




レン「フン!!!!」




G3「アキヤマ兵長!?」




レン「さっさと開けろ・・・」




レン「今開けないなら、貴様の首が飛ぶぞ!!!」

G3「お、落ち着いて下さい!!!」




レン「そこを開けろ!!!!!!」




シンジ「だぁぁぁぁああっストップストップ!!!!」




レン「キド、そこをどけ!!!俺はゲートを・・・」




シンジ「わかったから、一回剣しまえ!!な!?」




シンジ「なあ、少しの時間でいいからゲート開けてくんないかな?」

G3「し、しかし・・・」

士「《開けてやれ》」




G3「しょ、将軍!?」

士「《そいつの戦う理由はそこにしかない。行かせてやれ。》」




シンジ「さすが将軍!話の分かる人だな!」




士「《アキヤマ兵長。未確認飛行物体討伐の任務を与える。命令は一つ。生きて帰ってこい。》」

レン「当然だ。」




G3「では第四番ゲート解除に移ります。」




ピッ、ピッ、ピッ・・・




シンジ「なあ、俺も行くって!!」




レン「これは俺の問題だ。俺が倒さなくてはいけない。」




シンジ「・・・・絶対、帰ってこいよ!!!」




レン「さっき将軍にはああ言ったが正直、保証はできない。」




シンジ「・・・・・」




レン「?」




シンジ「お前が死んだら、俺がぶっ殺してやるからな!!!」




レン「フン、わけがわからんな、お前は。」




G3「ゲート、解放します。」




ウィィィーン・・・・




レン「じゃあ、”また”」




シンジ「!・・・”また”、な。」




ブロロロロロロ・・・




ブロロロロロロ・・・




シンジ「・・・・・・」


つづく。
2013.07.28 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR